かえでBlog

色々なことを徒然と……

【CentOS6.6】Oracle12cインストール

      2015/06/14

Oracle12cをCentOS6.6にインストールします。

構成情報

OS:CentoOS6.6 最小構成

予めネットワーク設定を行い、yum updateにて各ソフトウェアを最新にします。

インストール(環境)

hostsの設定

Oracle12c起動時にホスト名の名前解決ができないと警告が出てしまうのでhostsにて名前解決をします。

[root@oracle ~]# hostname
oracle
↑ホスト名を確認

[root@oracle ~]# vi /etc/hosts
127.0.0.1   oracle localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4
::1         oracle localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain6
            ↑ホスト名をhostsに追記

X Windowのインストール

OracleのインストールがGUIで行うのがスタンダード(?)みたいなのでX windowを入れます。

SSHで繋いでる場合だとこの時点で厳しいですね。

[root@oracle ~]# yum groupinstall "X Window System" "Desktop" "General Purpose Desktop"

2015年6月7日時点で511パッケージもインストールします。気長に待ちましょう。

X Windowの設定

このままstartxで起動する前にhaldaemonとmessagebusを起動します。

この二つを起動しないままX Windowを立ち上げてしまうとマウス及びキーボードの操作が受けてつけてくれない状況になります。

xwindow1

↑の画面でなんもできず…

[root@oracle ~]# chkconfig  --list haldaemon
haldaemon       0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
        ↑自動起動(3~5の部分)がONになっていることを確認します。
[root@oracle ~]# chkconfig --list messagebus
messagebus      0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off<br />
                ↑自動起動(3~5の部分)がONになっていることを確認します。
[root@oracle ~]# service messagebus status
messagebus は停止しています
[root@oracle ~]# service messagebus start
システムロガーを起動中:                                    [  OK  ]
[root@oracle ~]# service haldaemon status
hald は停止しています
[root@oracle ~]# service haldaemon start
HAL デーモンを起動中:                                      [  OK  ]
↑messagebugs及びhaldaemonが起動していないことを確認し、サービスコマンドにて起動します。
※messagebugsが起動していない場合、haldaemonは起動できない為messagebugs⇒haldaemonの順に立ち上げます。

あとはstartxコマンドでX Windowsを立ち上げます。

xwindow2

↑マウス及びキーボードの操作ができたらひとまずログオフし、コンソールに戻ります。

上記画面では日本語ですが、再ログインや別ユーザになると英語になる場合があります。

Oracleのインストール画面も英語表記になってしまうので、LANG=ja_JP.UTF-8を指定して日本語表示にします。

[root@oracle ~]# vi /usr/bin/startx
#!/bin/sh

# $Xorg: startx.cpp,v 1.3 2000/08/17 19:54:29 cpqbld Exp $
・
・
・
#
# $XFree86: xc/programs/xinit/startx.cpp,v 3.16tsi Exp $
LANG=ja_JP.UTF-8
#↑この辺にLANG=ja_JP.UTF-8を追記
unset XDG_SESSION_COOKIE
unset DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS
unset SESSION_MANAGER
・
・
・

インストール(Oracle)

必要なパッケージのインストール

Oracleで必要なパッケージをインストールします。

yum install gcc gcc-c++ compat-libstdc++-33 libaio-devel ksh compat-libcap1 sysstat

 

ユーザの追加

rootでOracleをインストールすることができない為新しくユーザを作成し、そこにOracleを入れるようにします。

今回はOracleユーザを追加します。(gid=25、uid=25で作成しています。)
このユーザでXWindowを起動するためパスワードを設定します。

  [root@Oracle ~]# groupadd -g 25 oracle
  [root@Oracle ~]# useradd -u 25 -g oracle -s /bin/bash oracle
  [root@oracle ~]# passwd oracle
  ユーザー oracle のパスワードを変更。
  新しいパスワード:
  新しいパスワードを再入力してください:
  passwd: 全ての認証トークンが正しく更新できました。
  

Oracleインストールディスクダウンロード&転送

こちらより入手できます。
※ダウンロードにはOracleに会員登録している必要があります。

2ファイルで合計2.5GBあります。

ダウンロードしたファイルをoracleユーザで起動できるようにOracleユーザディレクトリ直下に置きます。

インストールデータの解凍

予めダウンロードしたOracleインストールデータを解凍します。

最小構成でCentOSをインストールした場合、unzipが入っていませんのでyumよりインストールします。

[root@oracle ~]# yum install unzip

oracleユーザに変更⇒zipを解凍します。

[root@oracle ~]# su - oracle

[oracle@oracle ~]$ pwd
/home/oracle
[oracle@oracle ~]$ ll
合計 2625088
-rw-r--r--. 1 oracle oracle 1673544724  6月  7 00:17 2015 linuxamd64_12102_database_1of2.zip
-rw-r--r--. 1 oracle oracle 1014530602  6月  7 00:12 2015 linuxamd64_12102_database_2of2.zip
[oracle@oracle ~]$ unzip linuxamd64_12102_database_1of2.zip
[oracle@oracle ~]$ unzip linuxamd64_12102_database_2of2.zip

あとはXWindow上での操作ですが、このままstartxするとエラーが発生します。

[oracle@oracle ~]$ startx
xauth:  creating new authority file /home/oracle/.serverauth.20362
xauth:  creating new authority file /home/oracle/.Xauthority
xauth:  creating new authority file /home/oracle/.Xauthority

(EE)
Fatal server error:
(EE) PAM authentication failed, cannot start X server.
        Perhaps you do not have console ownership?
(EE)
(EE)
Please consult the CentOS support
         at https://www.redhat.com/apps/support/
 for help.
(EE)
giving up.
xinit:  Connection refused (errno 111):  unable to connect to X server
xinit:  No such process (errno 3):  Server error.

rootでログイン⇒suでoracleに変更がダメみたいなので一度ログアウトし、Oracleでログインします。

Oracleインストール

インストールデータの起動&インストール

Oracleでログインし、starxで起動します。

xwindow3

oracleのホーム⇒databaseと選択し、runInstallerを起動します。

xwindow4

ダイアログが表示されますので、【実行する】を選択します。

xwindow5

 

インストール画面が立ち上がります。

oracle1

今回は【セキュリティ・アップデートをMy Oracle Support経由で受け取ります(W)】のチェックをオフにし、そのまま次へいきます。

dialog1

はいを選択

oracle2

【データベースの作成および構成】を選択し次へ

oracle3

開発用の環境構築に使用するため【デスクトップ・クラス】を選択。

企業または本番用にはサーバ・クラスを選択するみたいです。

oracle4

設定していきます。

プラガブル・データベース名はユーザ作成等に必要になるみたいです。(Oracle12cからの仕様?)

ユーザの作成についてはこちら

※文字エンコードはデフォルトでEUCです(日本語表示の場合)。UTF-8等に変更したい場合はここで変更します。

oracle5

特に問題がなければ次へ

oracle6

前提条件のチェックがされ、色々と警告及び失敗が出てきます。

【修正及び再チェック】をクリックします。

oracle7

言われた通りにrootで上記のスクリプトを実行します。

[root@oracle ~]# /tmp/CVU_12.1.0.2.0_oracle/runfixup.sh
All Fix-up operations were completed successfully.

実行したら【OK】をクリック

oracle8

再度チェックが走り、問題なければそのまま【次へ】に遷移できますが、警告が1つ以上存在する場合は【次へ】が押下できません。
その場合、【検証の結果】のタブをクリックします。

oracle9

パッケージが足らない場合、yum等からインストールします。

要件に満たしている場合はそのままサマリへ遷移します。

 

oracle10

問題なければ【インストール】

oracle11

インストール中…

oracle12

インストール途中で出てきます。

上記のとおりrootにて実行します。

[root@oracle ~]# /home/oracle/app/oraInventory/orainstRoot.sh
権限を変更中 /home/oracle/app/oraInventory.
グループの読取り/書込み権限を追加中。
全ユーザーの読取り/書込み/実行権限を削除中。

グループ名の変更 /home/oracle/app/oraInventory 宛先 oracle.
スクリプトの実行が完了しました。
[root@oracle ~]# /home/oracle/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1/root.sh
Performing root user operation.

The following environment variables are set as:
    ORACLE_OWNER= oracle
    ORACLE_HOME=  /home/oracle/app/oracle/product/12.1.0/dbhome_1

Enter the full pathname of the local bin directory: [/usr/local/bin]:
   Copying dbhome to /usr/local/bin ...
   Copying oraenv to /usr/local/bin ...
   Copying coraenv to /usr/local/bin ...


Creating /etc/oratab file...
Entries will be added to the /etc/oratab file as needed by
Database Configuration Assistant when a database is created
Finished running generic part of root script.
Now product-specific root actions will be performed.

実行後、OKを押し、インストール再開します。

oracle13

データベースの作成が完了です。

パスワード管理にてパスワードの変更・ロックの解除ができるみたいですが、特に問題はないためこのままOKを押します。

oracle14

これでOracle12cのインストールが終わりました!

 

Oracle12cは色々やり方がOracle11gと違うみたいなので覚えていかないといけませんね。

 

 

 - 備忘録, SQL, サーバー , , , ,