かえでBlog

色々なことを徒然と……

【Linux】nfsの自動接続設定

   

サーバ再起動時にnfsを自動接続する設定を行うためのメモ

fstabの設定

fstabに接続先サーバとマウント先を指定する。

# vim /etc/fstab

/dev/mapper/vg_****-lv_root /                       ext4    defaults        1 1
・
・
・
【nfs接続】 【マウントポイント】 【ファイルシステム】 【オプション】 【dumpオプション】 【fcskオプション】
例)
192.168.1.***:/nfs/strage /mnt/strage        nfs     defaults        0 0
↑は↓と同じ
192.168.1.***:/nfs/strage /mnt/strage        nfs     async,auto,dev,exec,nouser,rw,suid        0 0

【オプション】のdefaultsは以下のオプションとして解釈される。

  • async…入出力処理を非同期で行う
  • auto…mount -a 実行時にマウント
  • dev…ファイルシステム上のデバイスを利用
  • exec…バイナリ実行許可
  • nouser…一般ユーザのマウント禁止
  • rw…読み書き許可でマウント
  • suid…suid、sgidビットの有効

同期処理がしたいならsyncにしたり、アクセスする度にinodeを更新したい場合はatimeを付与したりする。

【dump】オプション

dumpコマンドでファイルシステム単位でバックアップする際、対象とするかどうかの設定です。

  • 0…何もしない。
  • 1…dump(バックアップ)対象とする。

【fsck】オプション

fsck(ファイルシステム チェックコマンド)の実行順序を指定同じ数値がある場合は並列で実行するみたいです。

  • 0…何もしない。
  • 1~実行する。

/etc/fstabを修正後mount -aコマンドにて実際にマウントできるか確認します。

fstabがおかしい状態で再起動すると最悪カーネルパニックが発生する場合があるので注意が必要です。

chkconfigの設定

nfsの場合、fstabで設定しても再起動時に自動的マウントされない場合があります。

chkconfigでnetfsを自動起動に指定するとサーバ起動時にマウントされるようになります。

  # chkconfig --list |grep netfs
  netfs           0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
  # chkconfig netfs on
  # chkconfig --list |grep netfs
  netfs           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

 

これらを設定後、サーバを再起動しnfsが自動にマウントされていれば設定完了です。

 

 - linux, サーバー , , ,