備忘録

Windowsでディレクトリ構造をコピー

ファイルをコピーするときに、ディレクトリ構造をつけて作成する場合、毎回作成⇒フォルダで作成するのはめんどくさいですね。

なにかコマンドでないかなと思ったらWindowsのXCOPYコマンドで簡単に空のディレクトリ構造をコピーすることができるようです。

コマンドプロンプトを開き。

XCOPY /T /E 【元のディレクトリ】 【コピー先】

でOKです。元のディレクトリ配下の構造をコピー先に作成できます。

※/Tはディレクトリ構造のみのコピー
 /Eはサブディレクトリもコピーになります。

他にもいろいろ条件をつけてコピーできるようです。

[text]
XCOPY コピー元 [コピー先] [/A | /M] [/D[:日付]] [/P] [/S [/E]] [/V] [/W]
[/C] [/I] [/Q] [/F] [/L] [/G] [/H] [/R] [/T] [/U]
[/K] [/N] [/O] [/X] [/Y] [/-Y] [/Z] [/B] [/J]
[/EXCLUDE:ファイル1[+ファイル2][+ファイル3]...]

コピー元 コピーするファイル (複数可) を指定します。
コピー先 新しいファイルの場所や名前を指定します。
/A アーカイブ属性が設定されているファイルのみをコピーし、
属性は変更しません。
/M アーカイブ属性が設定されているファイルのみをコピーし、
アーカイブ属性を解除します。
/D:月-日-年 指定された日付以降に変更されたファイルをコピーします。
日付が指定されなかったときは、コピー元の日付がコピー先の日付より
新しいファイルだけをコピーします。
/EXCLUDE:ファイル1[+ファイル2][+ファイル3]...
コピーの除外対象を特定するための文字列を記述したファイルを指定
します (複数指定可)。文字列は、1 行に 1 つずつ記述します。
その文字列が、コピー対象ファイルの絶対パスの一部と一致した場合、
そのファイルはコピーから除外されます。たとえば、"\obj\" という
文字列を指定するとディレクトリ obj の下の全ファイルが除外 され
ます。".obj" という文字列を指定すると .obj という拡張子のファ
イルがすべて除外されます。
/P コピー先のファイルを作成する前に確認のメッセージを表示します。
/S 空の場合を除いて、ディレクトリとサブディレクトリをコピーします。
/E ディレクトリまたはサブディレクトリが空であってもコピーします。
"/S /E" と同じ意味です。/T の内容を変更する際にも使用できます。
/V コピー先の各ファイルのサイズを検証します。
/W コピーを開始する際に、任意のキーを押すことを求めるメッセージを
表示します。
/C エラーが発生してもコピーを続けます。
/I 指定されたコピー先が存在せず、コピーするファイルが複数の場合、
コピー先をディレクトリとしてコピーします。
/Q コピー中にファイル名を表示しません。
/F コピー中にコピー元とコピー先の全ファイル名を表示します。
/L コピーされるファイル名を表示します。
/G 暗号化をサポートしないコピー先に、暗号化されたファイルをコピー
することを許可します。
/H 隠しファイルやシステム ファイルもコピーします。
/R 読み取り専用ファイルを上書きします。
/T ファイルはコピーせずにディレクトリ構造のみを作成します。空の
ディレクトリまたはサブディレクトリは除きます。"/T /E" と指定
すると空のディレクトリやサブディレクトリも作成されます。
/U コピー先に既に存在するファイルだけをコピーします。
/K 属性をコピーします。指定しない場合、読み取り専用属性はリセット
されます。
/N 生成された短い名前を使用してコピーします。
/O ファイルの所有権と ACL 情報をコピーします。
/X ファイルの監査設定をコピーします (/O を含む)。
/Y 既存のファイルを上書きする前に確認のメッセージを表示しません。
/-Y 既存のファイルを上書きする前に確認のメッセージを表示します。
/Z 再起動可能モードでネットワーク ファイルをコピーします。
/B シンボリック リンクのリンク先ではなく、シンボリック リンク自体を
コピーします。
/J バッファーされていない I/O を使ってコピーします。サイズが大き
いファイルに適しています。

スイッチ /Y は環境変数 COPYCMD に前もって設定しておくことができます。
この設定は、コマンド ラインの /-Y で上書きすることができます。
[/text]

 

-備忘録
-, ,

© 2020 かえでBlog