雑感

【ネットワークに難あり】ひかりTV for docomo を契約しました

我が家にひかりTV for docomoを導入した経緯、魅力と躓いたところを備忘録がてらメモをしていきます。

経緯

とあるドラマが見たいことから

母親が韓国及び中国の時代劇ドラマが好きで、「 花不棄〈カフキ〉」をヤフオクで落としてくれない?ということが発端でした。
2020年3月時点でDVD及びブルーレイが日本で発売で発売されているのはSET2(~24話)までで、それ以降は輸入か衛星劇場で見るしかありませんでした。
中国ですでに放送されているドラマなので、ヤフオクで売っているんですが、DVD及びブルーレイのリージョンが異なるリスクまたは、再コンバートしている等の違法商品の可能性もあるためあまりおススメせず。
それなら衛星契約してみたらいいのでは?ということになりました。

衛星劇場見たいならスカパーかひかりTVか

衛星劇場はちょうど「 花不棄〈カフキ〉 」の再放送が始まっていたので、それを見ることで基本方針が固まった。
衛星劇場を見るには下記4つの方法があります。
・スカパー
・J:COM
・ひかりTV
・ケーブルテレビ
現在衛星放送が視聴できる環境ではないことや、ドコモ光を契約している自分にとっては特に自然とひかりTVを契約することにしました。

ひかりTV for docomo

ひかりTVとは

ひかりTVとはNTTぷららが提供しているテレビ視聴+ビデオオンデマンドのサービスで、光回線と専用チューナがあれば地デジや衛星放送、専門チャンネルを見ることができます。
衛星放送や地デジの場合、大雨の日だと映像が悪くなることがありますが、光通信で視聴するため天気に干渉されることがなくなります。
基本料金は1000円からで、初期費用はチューナの購入費のみ。(場合によりWi-FiルータやLANケーブルなど必要)
衛星劇場など有料チャンネルは除きますが、1500円で50チャンネルの視聴が可能です。
対応チューナが限られますが、4K放送の視聴も可能になり、テレビおすすめプラン に入ればANMAXやディズニーチャンネルなど見れます。
ドコモに加入していない方で有料チャンネル・地デジに興味ある方は一度ひかりTVを検討してみるのもよいかも。

ひかりTV for docomo

名前の通り、ドコモが提供しているひかりTVになり、ドコモが販売している専用チューナが必要になります。

チューナ(ドコモターミナル)は2種類

ひかりTV for docomoはチューナ(ドコモターミナル)が必要で、ひかりTVのチューナは使えません。
今発売しているチューナは2020年3月時点でTT01TT02の2種類で、2018年10月発売で 無料プレゼントだったり、1万ポイントプレゼントだったり、割引してたり色々購入キャンペーンをやっています。
(ドコモオンラインショップだとTT01割をやっているため、ドコモオンラインショップだと7920円で購入することが可能です。)
※ただし、TT01は発熱問題があるので、使ってみて問題があると思ったらTT02を購入したほうがいいです。(TT02は月500円でレンタルすることも可能です)
TT02は2020年2月に発売したものと新しい端末であり、購入キャンペーンはされていませんでした。

dtvが付いてくる

ひかりTV for docomoを契約すると、自動的にdTVも自動契約されます。
そのため、dTV含め80chのTV視聴、13万本のビデオオンデマンドもついてきます。

ドコモ携帯持っている人は月2500円(dカードGOLDだと10%ポイント対象)

ドコモの回線を持っている人は2年割の適用が可能であり、通常3500円/月(税抜)のところ2500円/月(税抜)になります。
そしてdTV(月額500円(税抜))がついてきます。
さらにdカードゴールドを持っている人は10%ポイント取得の対象になります。
ドコモ信者だと色々ついてきますねー。

ここから始まるネットワーク構成地獄の日々

TT02を購入

自分の部屋だけで自分のみで使うのであればTT01に放熱フィンなどを購入して取り付ければいいのですが、ペットもいるし、親がメインで使うことからTT02を購入することに。
この時点で17,424円の出費…あれ、最初とある中国ドラマが見たいだけだったよね?初期費用高いような。
ま、気にしない( ^ω^)・・・

初期設定…長い!

ドコモターミナルをテレビに接続し、初期設定を行うとシステムアップデートが複数回走りました。
OSのアップデートとアプリのアップデートそれぞれ必要であり、これで大体1時間ぐらい取られることに。

Wi-Fi接続…TVが見れない!

まずは試しにWi-Fiで接続してみたところ
dTV…OK
TV視聴…NG 「ネットワークの通信状態が不安定です。しばらく時間をおいて再度お試しください。 エラー番号:IP2000」
と表示される。
初期設定から地デジ等が見れるまで最大24時間かかる可能性があるとのことなので、24時間経過して待ってもダメ
IPTVはIPv6マルチキャスト通信を行うのでそれらの設定を行ってもダメっぽい。
TV視聴するのにも地デジクラスで1番組あたり20~30Mbps、4K 画質だと45~70Mbpsくらの転送速度が必要なのでWi-Fiでやるのはきついよね。(3番組視聴となると60Mbps以上必要)
と自分に言い聞かせて有線でやることに。

有線で接続…TVが見れない!

Wi-Fiで接続すると部屋がすっきりするけど、見れないんだと仕方がない。
ドコモ光ユーザーの独り言さんによるとNECルータを購入がベストとのことですが、下記のようにネットワーク構成が少しややこしいので購入は慎重にしたい。

PR-500KI -【PPPoEブリッジ】- RT-AC88U(ASUS) -【AiMesh】-RT-AC88U(ASUS)
  |【有線LAN】         │【有線LAN】
  光電話            C3150(TP-LINK)

AiMeshを行いたいために、RT-AC88U(ASUS)を主ルータとして使い、スマホなどデバイスの無線通信用にTP-Linkを使用しています。
PR-500Kと光電話がつながっているのでルータモードはそのままにし、PPPoEブリッジで RT-AC88U(ASUS) にしていました。
ここに主ルータのLANポートとドコモターミナル02(TT02)をつないでも 「ネットワークの通信状態が不安定です。しばらく時間をおいて再度お試しください。 エラー番号:IP2000」 と表示される。

IPTV設定をすればTVが見えるようになったが…

ASUSにはIPTV用の設定があり、それをONにすることでひかりTVが見れるとのこと
「IPTV STBポートの選択」でLANポートの番号を設定すればOKとのこと。

この設定を行うことで視聴することができました!dアカウントログイン後であればね!

どうやらIPTV STBポートの設定を行うと、RT-AC88UのDHCPではなくPR-500KIのDHCPを見るみたい。
ISPは1つしか契約しておらずPPPoEブリッジを使用してRT-AC88UからISPにPPPしている。
そのため、 PR-500KIのIPV4はつながらない。
ドコモターミナル02(TT02)は RT-AC88U のLANポートに接続されているが、PR-500KIにつながっているのと同じになっているためIPv6は接続できるがIPv4はつながらないという状況に。
ひかりTVアプリを起動時に dアカウント認証をIPv4で行っているらしいため、認証エラーで視聴できなくなる。(認証後であってもネットワークにつながってないといったエラーが多発して視聴に耐えれないけど)
そのためネットワーク構成を変更することになった

PPPoEブリッジをやめることに

IGMPスヌーピング等の設定をしても改善しなかったので、PR-500KIにはISPを登録・接続し、PR-500KI⇔RT-AC88U通信を動的IPに設定することに

PR-500KI -【動的IP接続】- RT-AC88U(ASUS) -【AiMesh】-RT-AC88U(ASUS)
 |【有線LAN】       │【有線LAN】
 光電話           C3150(TP-LINK)

とりあえずこれで問題は解消されたのでひとまず上記の運用でやることに。

最後に

IPTVはIPv6マルチキャスト通信なので何も考えずにやるとパケット輻輳がすごくなるんだろうなー。IGMPスヌーピングとかで逃げれるかと思ったのですがなかなかうまくいかなかったので。
通信経路とかもう少し詳しくならないとなー。

-雑感
-, ,

Copyright© かえでBlog , 2020 All Rights Reserved.