かえでBlog

色々なことを徒然と……

和歌山県 友ヶ島

   

前置

ラピュタそっくりな島で有名な和歌山県にある友ヶ島に行ってきました。

友ヶ島に行くフェリー乗り場まで大阪市内から大体高速で1時間半~2時間くらいで行けるとこにあります。

電車(南海電鉄)からでもいけるのでアクセスしやすい場所です。

和歌山と書いていますが大阪から和歌山に入ったすぐにあるため、本当に近いです。(帰りしなにりんくうプレミアム・アウトレットにで買い物することもできると思います。)

フェリー乗り場到着

6時半に置き、7時前に出発。9時前に到着しましたが既に駐車場はほぼ満車状態でした。

加太港フェリー乗り場

既にかなりの人数が並んでいました…。9時前に着いたにもかかわらず、9時、10時、11時便は全て満員になってしまっていたようです。

私は臨時の臨時に運行になった12時前の便になんとか乗ることにしました。

いざ、フェリーへ

11時過ぎまで車の中でテレビ見ながら待ち惚けをし、フェリー乗り場へ

加太港フェリー乗り場2

大分人がいなくなったような気がします。

この時点でフェリーは14時まで満員になっていたそうです。

とりあえずチケットを購入。往復で大人1人2000円でした。

友ヶ島 定期便チケット

加太港フェリー乗り場3

11時半ごろにフェリーが到着したので乗ることに。

出航後、海水浴している人、船釣りしている人を見ながら友ヶ島に向かいました。

加太港フェリー出航

友ヶ島到着

友ヶ島到着後!

友ヶ島到着

 

友ヶ島到着時間は12時前、全ルートを行こうにも時間がないため、今回は砲台跡をメインに歩くことにしました。

友ヶ島案内

第2砲台跡へ

まず、最初に第2砲台跡に向かいました。

案内の看板からすぐに海の家が現れました。

海の家

この付近でバーベキューしたり、海水浴、ジェットスキー等々やってる方がいらっしゃいました。

第2砲台塔までの道

そして、道を歩いていきます。

冨士屋別館

道中冨士屋別館 軽食と書かれた建物がありました。見た感じやってなさそうでした。

蛇ヶ池

さらに歩くと行けがありました。7月なのにトンボがかなり飛んでおり、今って秋だっけ?と感じさせられました。

 

そしてさらに歩くこと数分

第2砲台跡が見えました。

第2砲台跡

第2砲台跡

大分風化されているためか有刺鉄線が張られています。

第2砲台跡

高いところから見ると廃墟感がいいですね。

次に友ヶ島灯台に向かいます。

友ヶ島灯台へ

友ヶ島灯台へ向かう道中に門がありました。

第1砲台跡

反対側は第1砲台跡でしょうか。反対側は立ち入り禁止でした。

友ヶ島灯台

友ヶ島灯台へ到着。

明治5年(1872年)、日本で8番目にできた灯台だそうで現在も稼働しているみたいです。

 

灯台から少し離れると日本標準時子午線を跨ぐことができます。

日本標準子午線

次は旧海軍聴音所跡に向かいます。

旧海軍聴音所跡へ

旧海軍聴音所跡に向かっていきます。

_12A4339

こういう道は歩いていて楽しいですね。

井戸

道中キャンプ場の広場につき、井戸が設置されていました。

井戸で水汲みなんてなかなか体験しませんよね。

 

さらに進みます。

森の中

 

道中でキノコを見つけました。宮島に行ったときは見かけなかったのですが、友ヶ島はあちこちでキノコを見かけました。

_12A4345

 

旧海軍聴音所後に到着です。

旧海軍聴音所後

 

中に入ってみると廃墟感がすごいです。カメラでは明るく取れていますが、結構暗いです。

旧海軍聴音所後

旧海軍聴音所後

旧海軍聴音所後

_12A4355

次はメインの第3砲台跡に向かいます。

第3砲台跡へ

第3砲台跡の説明看板を見てみると第2砲台跡に比べて大きな砲台跡というのがわかります。

第3砲台跡説明

まずは、砲座から行きます。

どうやら、各砲座へいくにはトンネルの中をくぐっていくみたいです。

第3砲台跡砲座

トンネルの中はとても暗い&地面がぬめっていますので足元にご注意ください。

第3砲台跡砲座間トンネル

 

トンネルの出口は幻想空間の入口でした。

第3砲台跡砲座

第3砲台跡砲座

 

引き返そうとトンネルの中に入ると

第3砲台跡砲座間トンネル

の左側の通路(階段)から人の声が聞こえてきました。

どうやら、その通路からもどこかに通じる道があるようです。

ライトないととても行けたようなとこじゃないですが、スマホのライトでも十分対応できました。

弾薬支庫への出口

暗いトンネルの中を歩くと弾薬支庫へ繋がっていました。

弾薬支庫

弾薬支庫の中に入ると通路があり、各場所へいけるようになっておりました。

 

第3砲台跡から少し離れたとこに将校宿舎跡がありました。

将校宿舎跡

 

探照灯後へ

後は来た道を戻るだけだと思っていたのですが、探照灯跡の案内版があったので、探照灯後にも行くことにしました。

探照灯後

階段を上っても特に何もありませんでした。(穴が開いていました)

探照灯後

探照灯後

総評

今回回ったルートだと大体2時間半ぐらいかかりました。

見れてないとこもいくつかあると思いますが満足です。

大阪の人からだとそんなに遠いわけでもないので手軽に行けるかと思います。

ただ、今日のように人が多くてフェリーに乗船できない場合もあるので余裕をもってこないといけませんね。

 

足場がところどころ悪いので、ちゃんとした靴で行くことをお勧めします。

また、虫も多いため虫よけスプレー等用意しておくとよいです。

船の最終便は16時30分ですが、船が来た時にいないと定刻前に出てしまうこともあるので、早めに桟橋に着くことをお勧めします。

 

第2砲台跡にて知り合った人と一緒に行動していた人が豊島犬島がおすすめと言っていたので今度行ってみようかなと思います。

 - 写真, 未分類, 風景 , , ,