色々なことを徒然と……

かえでBlog

セキュリティ

windows標準ツールでハッシュ値を出力する方法

投稿日:

ハッシュ化方法

Windwos標準でハッシュ値を出力するにはCertUtilを使えばOK

certutil -hashfile 【ファイルパス】 【ハッシュアルゴリズム】

文字列をそのままハッシュ化したい場合は少しめんどくさいが
1.新規にテキストファイルを作成
2.作成したファイルパスで上記のコマンドを実行
でOK

実行例(テキストファイル内が「password」の場合)

certutil -hashfile "C:\新しいテキスト ドキュメント.txt" MD5
MD5 ハッシュ (対象 C:\新しいテキスト ドキュメント.txt):
5f4dcc3b5aa765d61d8327deb882cf99
CertUtil: -hashfile コマンドは正常に完了しました。

対象OS

Windows7
Windows8
Windows8.1
Windows10

対象アルゴリズム

MD2
MD4
MD5
SHA1
SHA256
SHA384
SHA512


アルゴリズムを指定しない場合、SHA1になります(Windows10)

雑感

CertUtilは証明書関連のツールです。
これで認証局作ってたのが懐かしい。

-セキュリティ
-, ,

Copyright© かえでBlog , 2019 All Rights Reserved.