linux

【CentOS】ホスト名変更

CentOSでホスト名を変更する際のメモ

設定方法によりCentOS6と7で設定方法が異なるようです。

ホスト名の確認

CentOS6と7どちらも同じです。

[shell]
$ hostname
kaede.jp
[/shell]

 

ホスト名を一時的に変更する場合

CentOS6と7どちらも同じ方法で設定できます。

ネットワークサービスの再起動かシステム再起動するまで有効になるようです。

[shell]
$ hostname test.kaede.jp
//確認
$ hostname
test.kaede.jp
[/shell]

ネットワークサービス再起動時の挙動

[shell highlight=""]
$ hostname test.kaede.jp
$ hostname
test.kaede.jp #ホスト名が一時的に変更される
$ /etc/rc.d/init.d/network restart
インターフェース eth0 を終了中: デバイスの状態: 3 (切断済み)
[ OK ]
ループバックインターフェースを終了中 [ OK ]
ループバックインターフェイスを呼び込み中 [ OK ]
インターフェース eth0 を活性化中: [ OK ]

#HOST名の確認
$ hostname
kaede.jp #ホスト名が戻る
[/shell]

 

ホスト名を永続的に変更する場合

こちらはCentOS6と7により設定方法が異なります。

CentOS6

/etc/sysconfig/networkを開き、HOSTNAMEのところを変更します。
[shell title="/etc/sysconfig/network" highlight="2"]
NETWORKING=yes
HOSTNAME=test.kaede.jp
NETWORKING_IPV6=no
[/shell]

修正後、システムを再起動すると修正したホスト名になります。

CentOS7

/etc/hostnameを開き、変更します。
[shell title="/etc/hostname"]
test.kaede.jp
[/shell]
再起動不要で即時変更されます。

 

-linux
-,

© 2020 かえでBlog